top of page
検索
  • 執筆者の写真peacecellproject

ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)は眠っていませんか?


イラクの子どもたちに届ける鍵盤ハーモニカを集めています!

PCPでは昨年、イラク・ドホークで大好評だった、小学校での「サマースクール」を、今年も開講します♫ ♫♫


コースは昨年同様、「空手」、「音楽」、「お話し作り(お話の絵も描きます!)」の3コース。昨年とは違う小学校での開催ですが、今年もたくさんの子どもたちから参加のご応募をいただいて、嬉しい限りです!この「音楽」のコースで、こどもたちが使うピアニカを、今年も、募集します!



<小学校での音楽授業について> ドホークの小学校では音楽の授業がとても少ないのが現状です。音楽の先生から「授業で何をやったらいいかわからない」という相談も受けたこともあります。

難民、避難民が多く、小学校の数自体が不足している中で、授業時間の確保のため、どうしても「詰め込み式」の教育になり、音楽、体育、美術などの時間が確保されにくい現状があります。

けれどもPCPでは、平和構築のためには、こうした、想像力を使ったり、豊かな感情を表現したり、楽しみながら協力できる科目は、こどもたちにとって、とても大切だと考えています。



<サマースクールの音楽コースについて> 「音を楽しむ」 「楽器を演奏する」 「歌を歌う」 そして、「ハーモニー(調和)を楽しむ」

この地で平和構築を目指して活動するPCPの音楽コースの内容です。

昨年も、楽器にほとんど触ったことがない、人前で歌を歌う機会もほとんどないといった子どもたちが、ボディパーカッションやリズム遊びに始った音楽コースで、本当に楽しそうに体いっぱいで音楽を表現していました。


生まれて初めてピアニカに触り、最初こそ戸惑っていた子たちでしたが、自由な演奏ではそれぞれが個性的なメロディーを奏でていました。

そして、8月末の発表会では、ボディパーカッション、合唱、合奏というハーモニーを、家族や友達の前で笑顔いっぱいに披露してくれました。



<ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)は眠っていませんか?> お子さんが大きくなってもうピアニカは使わなくなったという方で、イラクの子どもたちに寄贈してくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご連絡をください!


・壊れていないもの、汚れていないもの。 ・すべての音が出るもの ・吹き口ホースは新しいものをご購入お願いいたします。 ※メーカーによって型が違いますので、お気を付けください。

・お問い合わせは、hiramaru.pcpbook@gmail.com もしくは、コンタクトページからをご連絡をお願いします。

・着払いOKです! ・募集締め切りは6月16日(金) どうぞよろしくお願いいたします。


そして...!! 「ピアニカ持ってくボランティア」も募集中! 6月中に中東近辺に行く予定がある!中東を旅行してみたい! という方、ぜひご検討ください。 こちらもDMお待ちしています!

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page