top of page
検索
  • peacecellproject

パヤム小学1年生の授業の様子

更新日:2022年12月5日


できたばかりのモンちゃんシリーズ第2弾『モンちゃんサバンナへ行く』を使ってパヤム小学校1年生の授業をやりました!


まずは、スタッフのスージーが読み聞かせ。

「自分で読んでみたい?」という問いかけに元気に答える生徒たち。

そこからは、1分ごとに復唱。

ゆっくりと新しい単語を学びながら読んでいきました。


読んだ後は質問をしてみました。

「モンちゃんとリンはどこに行ったのかな?」

いろんな言葉が出てきましたが、「サファラ〜」というのが一番近かったですね。

「サバンナ」という言葉を新しく覚えました!


「モンちゃんとリンはどうやってサバンナに行ったのかな?」

そうすると、飛び込む真似をしながら

「本の中に入った〜!」と答える子たち。


すると、生徒たちの後ろでスタッフがオペラカーテンから覗いて何やら声をあげています!

図書室の壁画は、まさにこの絵本の1ページ、

サバンナの雄大な景色が描かれているのです!

「わぁ!サバンナだよ!みんな行きたい?!」

「でも、動物にならないと行けないよ」とお面をつけると歓声が上がりました。


1列になってカーテンをくぐると、

なんと!子どもたちは自然に壁画の湖に近づいて水を飲む仕草をしたり、泳いだり?走ったり?していました!

これはすごいですね。


そして、動物ごとにモノマネをして授業は終わりました。


読み聞かせ〜復唱〜キャラクターになる、という3ステップで、

物語の世界を体験、理解しよう!という授業でした。


閲覧数:54回0件のコメント
bottom of page