top of page
検索
  • 執筆者の写真peacecellproject

トルコ・シリア大地震被災地ディヤルバクルのキッズテントに飛び入りレク!


ディヤルバクル市内のテントサイトで、地元のNGOが子どもたちにお絵描きワークショップをやっていました。どうぞどうぞ!とテントの中に招かれると、子どもたちが絵本を読んでいました。


はい、ここでPCPの本領発揮!恒例のネームwithアクションを、少しアレンジしてやってみました。言葉は全然通じないけど、しばらくすると子どもたちも要領がわかって来て、盛り上がってきました!私がアクションに詰まると、女の子がやってくれたり、もう完璧!ソーシャルワーカーの方々もとても楽しそうに参加してくれました!


PCPのサマースクールでもやったボディパーカッションもみんな一生懸命やってました。同行したPCP理事の直也さんの腹太鼓はみんな大笑いでした!


この後、テントの外に出ると中高生やお母さんたちが集まっていて、「私の名前でもアクションやって!」と言われて、楽し過ぎました😆 お母さんたちもアクションしてて笑顔満開🌸


良かった… 余震は怖いし、大人も子どもも不安がいっぱいだから、突然現れた「平たい顔族」の知らない言語の面白パフォーマンスで、ひと時楽しんでいただけたなら嬉しい。 強面のポリスやおじさんたちも「ジャポニ」というと顔がほころんでおりました! 楽しかったよ〜!ありがとう😊


【トルコ地震緊急支援にご協力お願いします】 https://www.peacecellproject.org/turkey

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page