top of page
検索
  • 執筆者の写真peacecellproject

JKゆうひのインタビューラジオVol.3★ゲスト渋沢やこ(紙芝居パフォーマー)


この番組は、現役高校生ゆうひが人生の先輩である、ピースセルプロジェクトの先輩メンバーに気になることを質問しちゃいます!という番組です。ぜひぜひ最後まで楽しんでいってください!


▶︎パーソナリティ/JKゆうひ 福島県出身。7歳の頃初めて飛行機を利用し、CAの輝く姿に憧れ、その日からCAを志す。以来、「世界中の人を笑顔にしたい!」と夢を広げ、中学3年でオーストラリア、高校3年でドイツへ短期留学を経験。ドイツで高遠菜穂子さんと出逢い、彼女の生き方に感銘を受け、背中を追いたいと決意しPCPに加入。将来は、「縁があって出逢うことができた世界中のお客様、そして自分も輝かせることができるCAになる!」と決意し様々なことに挑戦中!


▶︎ゲスト/渋沢やこ 紙芝居パフォーマー。大学卒業後、世田谷区のプレーパーク(野外の冒険遊び場)で働く。その年に、阪神・淡路大震災が起こり、遊び場スタッフとしてボランティアに入る。その後、突然演劇の道へ。子どもに向けた作品で全国公演、そのほか様々なジャンルの舞台作品に出演。2006年より、布でつくった紙芝居「なにぬの屋」という紙芝居パフォーマンスを1人で始める。古い自転車を目印に、おばあちゃんになるまであちこちに出没できたらよいと思っている。昨年10月、PCPの演劇チームメンバーとしてイラクに初渡航。ワークショップアシスタントを務めたほか、幼稚園で紙芝居パフォーマンスを披露した。

閲覧数:0回0件のコメント

ความคิดเห็น


bottom of page