top of page
検索
  • 執筆者の写真peacecellproject

モンサバ、ブックドネーション開始。


先日発表いたしました、モンちゃんシリーズの2作目『モンちゃんサバンナへ行く』の、ブックドネーションを開始いたしました!!


《ブックドネーションって?》 イラクの子どもたちに、絵本を寄贈する活動です。 お買い上げいただいた絵本は、ピースセルプロジェクトが一冊ずつ寄贈者のお名前を英字で書き入れ、子どもたちに直接手渡しをいたします。 写真は、前作「モンちゃんとしっぽ」を難民キャンプや小学校の子どもたちにお渡しした時のものです。



《多様性を認め合う世界を夢みて》 「紛争地」や「戦争」という言葉で括られてしまうイラク。難民や国内避難民が60万人以上もいるドホーク県。まさに多種多様な人々が暮らす町。そこで生まれた猫たちが、さまざまな冒険を通して真のダイバーシティ(多様性を認め合う)ってどんなこと?「違うけど同じ」「同じだけど違う」ということを体験していきます。



《本作のあらすじ》 サバンナの本を読んでいたこねこのモンちゃんと、お兄ちゃんねこリン。ぴらぴらっと動いたライオンのしっぽに飛びかかったモンちゃんが、みるみる本の中に引きずり込まれていって…。

宮城県出身の著者、バグダッド出身のイラストレーター、そしてイラクのクルド自治区ドホークで平和教育を展開するピースセルプロジェクトが、世界中の子どもたちの笑顔を願って多言語でお届けする、楽しくて勇気がでる絵本です。


《価格について》 1冊:880円 10冊セット:8,000円 経費を除いた売り上げは、ピースセルプロジェクトの活動費に充てられます。

絵本をお渡しする際には、絵本の内容を体で表現するなどの「キッズワークショップ」を行って楽しく学べる時間を作っています。売上は、材料費や文房具代、ガソリン代などに充てられています。その他には、図書館に入れる絵本の購入費、来春開館予定の学校図書館の建設費、現地イラク人スタッフの人件費等にも充てさせていただきます。

ブックドネーション価格の維持に努めてまいりましたが、昨今の材料費・輸送費の高騰、円安、及び人件費をより安定的に確保する為、誠に勝手ではございますがブックドネーションの価格改定を実施させていただきます。何卒、ご理解のほど、お願い申し上げます。


《絵本と演劇で紛争を止める》 想像力、思考力、共感力を、絵本を通して育む。 ピースセルプロジェクトと一緒に、平和を積み上げていきませんか? ブックドネーションはこちらのサイトから ▷▷▷https://peacecell.thebase.in/


ピースセルサポーターも募集しています!! ★ピースセル(平和細胞)サポーターの"ツキイチ"もしくは"ネンイチ”をお申込の方には、カタログ全品15%OFFのクーポンをお送りしています! お申込はこちら▷▷▷ https://www.peacecellproject.org/donate

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page